メイン1 メイン2 メイン3

仲間サイト

医療費控除とは、1年間に家族全員が支払った医療費が10万円を超えた場合に確定申告をすることによって所得控除で費用の一部が戻ってくる還付金です。

美容整形は基本的に健康保険の適応外で自由診療となっているため、施術サービスを受けると自己負担額が簡単に10万円を超過してしまうことは頻繁に起こることなので、医療費控除をつい期待してしまいますが、結論を先に述べてしまうと、残念ながら医療費控除は受けられない仕組みになっています。

その名が示す通り、この控除はあくまで医療行為、つまり治療を目的としておこなわれたサービスにかかった費用が対象となっているからです。

美容整形はあくまで本人の主観による美容上の好みを実現させるために行う行為であって、税法上ではいわば贅沢品と同様の扱いなっています。

よって、いわゆる病気の治療にかかった生活上の必要経費とはみなされないことになっているのです。見た目を気にしてウツになることだってあるのに…と不満に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、税法上のルールなので仕方ありません。

未病を防ぐ目的で健康増進や疾病予防の医薬品を購入しても医療費とは認められず、やはり控除の適応外なのですから。