メイン1 メイン2 メイン3

豊胸手術の合併症

この様なケースはまれであると言えるかもしれませんが、豊胸手術を行った際には合併症が発生する危険性もあります。やはり豊胸を行う事によって発生しやすい合併症と言えば拘縮を起こしてしまう事が第一に考えられます。

拘縮は個人差がありますので、それほど気にならない人もいれば、そのままの状態ではかなり見た目をそこなってしまうケースまであります。

手術が終わってから数カ月ほどの間にできる事が多い様です。場合によってはかなりいびつな形になってしまう事もある様です。

その場合はマッサージを行うなどアフターケアを行う事である程度は防ぐ事もできるみたいです。しかし、どうしても満足できない場合には、再手術を行う事もあるみたいですね。合併症の可能性について把握しておきましょう。