メイン1 メイン2 メイン3

事業用物件の賃貸契約

もしも、あなたが夢のマイホームを購入する事になれば、いろんな手続きを行わないといけません。住所変更に関する手続きはもちろん必要になってきます。

しかし、それだけではありません。更に土地を購入した場合には他にも不動産登記も忘れてはなりません。不動産を購入したならば必ず必要になってきます。

不動産登記は司法書士にお願いすると行ってくれます。不動産登記はご近所と争いになったりするのを防ぐという狙いがあります。きちんと登記の作業を行っておく事でその不動産が誰の持ち物であるのかをきちんと示しておく事ができます。そうする事によって快適に暮らす事ができます。

賃貸物件の契約期間は普通は2年間、というのが不動産業界の相場でしょう。その期間が満了しても利用し続けたい場合には、契約を更新する必要があります。

その場合には契約更新の手数料として家賃一ヶ月分を支払う、というのが通例となっています。これは住居用の物件だけではなく、オフィスビルなどの事業用物件の賃貸契約でも同様となっています。

欧米の場合には契約で自由に貸借期間を決めるのが一般的ですが、日本ではオフィスビルの場合でも、この2年契約で随時契約更新して行く、という方式が一般的となっているのです。

この2年契約が一般的となっている理由にはいろいろな根拠があるようですが、一つには借地借家法で家主側が事実上、契約更新を拒否できないようになっているために、契約更新時となる2年ごとに賃料交渉ができるようにするため、というものがあります。

しかし、借地借家法が一部改訂されて「定期建物賃貸借法」が2000年から施行されることになり、2年ごとの契約更新ではなく、いったん契約終了して再契約するという方式になったことで、この契約期間のあり方も変わってきたといえます。

事業展開の都合による移転の頻度が高いといえるオフィスの場合、どちらの契約形態がより都合がいいか、意見の分かれるところでしょう。

お勧めの賃貸

高級感のあるレンタルオフィス東京は銀座ビジネスセンター。レンタルオフィスよりも利用頻度の低い方のバーチャルオフィス。一般社団法人不動産協会