メイン1 メイン2 メイン3

債務者の生活を立て直す債務整理

債務整理の意味とは、借金により多重債務の状態に陥ったとき、債務者の生活を立て直す方法のことです。一般的な債務整理は4種類あります。

それぞれを比較し、自分に適した方法を選ぶとよいでしょう。1つめは任意整理についてです。任意整理は元金を返済し、過払金があれば、それを取戻す契約です。

既に返済が終わった部分も過払いを点検し、あればその分を借金残高と相殺することができます。任意整理をすると、たいていの場合、利息をなくすことができます。

次は自己破産についてです。どの債務整理方法を使っても返済が困難と裁判所が認めた場合のみ、自己破産を用いて借金をゼロとすることができます。

原則として20万円を超える財産は手放さなければなりませんが、破産後は財産を作ることも可能です。次に個人再生についてです。個人再生の特色は住宅ローン特則を使うことにより、住宅を手放さなくて済むことです。

弁護士など専門家に依頼して裁判所を通して利息の引きなおしを行い、3年間で分割返済を行うのが一般的です。最後に特定調停についてです。

これは任意整理と似ていますが、異なる点は裁判所経由で行うということです。特定調停は費用が安いのがよいところですが、その一方で裁判所に度々通う必要があり、手続きも多く、負担のかかる方法といえます。

弁護士、司法書士情報