メイン1 メイン2 メイン3

おすすめリンク

温泉の種類について
温泉はいくつかの種類に分類され、水温や成分の違いによって効能が大きく異なります。まず、最も一般的なものとして単純温泉があります。主な特徴として、鉱物・ガス成分の量が少なく、そのほとんどが無色透明かつ無味無臭です。

含まれている成分が少ないことから肌に優しく、身体を温める用途に適した種類の温泉です。

尚、溶存物質を一定以上含んでいる場合は塩類泉と呼ばれ、二酸化炭素泉や炭酸水素塩泉などが該当します。他にも特殊な成分を含んだ療養泉があり、金属成分や硫黄を含んだ物が代表的です。

塩類泉と療養泉は、含まれている成分によっては温度の制限を受けない特殊な種類の温泉です。

温泉での一番の楽しみは、料理と外湯です。外湯のない温泉はちょっとがっかりします。

やはり、温泉街を歩いて外湯に入るのが風情があっていいですよね。関西であれば、有馬温泉や城崎温泉などです。 城崎温泉なら、カニか但馬牛、有馬温泉なら神戸牛がいいですね。